8月のごあいさつ

今年は長く、そして暑い夏になっております。ご体調は大丈夫でしょうか。どうぞ熱中症には十分にお気をつけ下さいませ。
そしてこの猛暑続きで風鈴では涼が足らず、冷たい食べ物が恋しいことかと存じます。
やはり日本の夏といえばかき氷でございましょう。
聞くところではかき氷の歴史は古く、平安時代には「削り氷(けずりひ)」と言う名で食されていたようです。冬の間に切り出した天然氷を専用の倉に保存して、夏場にそれを削り甘い蜜をかけて食べていたんだとか。

豪華絢爛なパフェや濃厚なソフトクリームも素敵ではございますが
昔を想いながら、素朴なかき氷を食すのも一興かと存じます。















小事、小言でございますが・・・。
私ごとではございますが、私自身、昔からよく周りの友人たちなどに「あほ」だの「変な人」だの言われる個性を持っております。
もちろんそれらの言葉には友人ならではの親しみが込められていることは存じ上げております。
しかしながら最近この流れが当店まるはちふくれ菓子店にも及び始めているのです。

私仕事が出来ないながらにも、人を指導する立場に立たせていただいております。
どんな小さな職場であろうと人に物を言う立場の人間には威厳たるものが必要。とおそらく歴史上の人物の誰かしらが一回は言ってそうな言葉を胸に、日々精進させていただいているつもりですが

え?最近なんかイジられ始めてない?

そう感じているところでございます。これはとても由々しき事態でございます。例をいくつか上げさせていただきますと・・・。



『ケース1』
私最近髪型としてモミアゲをスパン!と横に一直線に切ることをマイブームとしております。
理由は単純に「オシャレじゃん?」という痛々しい思春期的なものでございますが、以前切りたてのモミアゲを引っ下げ職場に入ったところ、スタッフの細井さん(仮名)が始業早々に

細井「モミアゲ家に忘れてきてますよ?」
私「・・・・・。」


『ケース2』
夏になると当店の社長のご好意で、冷凍庫にピノのファミリーパック的なものが常備されるのですが、ファミリーパックには、バニラ・チョコ・ピーナッツの三種味が入っております。
その中の「ピーナッツ味」が好きな私。先日もルンルンでピーナッツ味を食べに休憩室に向かったところ、そこに鎮座するはスタッフの元居さん(仮名)。
少し不穏な空気を感じながらも恐る恐る冷凍庫を開ける私。

元居「ピノのピーナッツ味好きなんですか。」
私「は、はい・・・。」
元居「じゃあ、ぜ〜んぶ食べとこ。(ニタニタ)」
私「・・・・・。」



『ケース3』
作業中とあるミスをした前山さん(仮名)。
ここは攻め時だと確信した私。
冗談で「もう時給40円ですねこれは」といじり返してやろうと思い、ミスした直後の前山さんに話しかけました。

私「時給40・・・。」
前山「40円アップですか。ありがとうございます!」(食い気味)
私「・・・・・。」










…裁判で勝負だ。





7月のごあいさつ

蒸し暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。きっと夏なりの暑さを楽しんでいることかと存じます。
クーラーで涼を得るのも、もちろんでございますが風鈴などを飾って気分も涼しげにしてみてはいかがでしょうか。最近はあまり見なくなった風鈴でございますが、起源は中国にあると耳にしたことがございます。

その昔、占風鐸(センフウタク)という占いがあったそうで、青銅の鐘を吊るし風向きや鐘の音で吉凶を判断していたんだとか。それが日本に流れガラス文化も相まって風鈴になったんだそうです。
今でもその名残でしょうか、風水としては鬼門の方角に風鈴を吊るすと良いと言われているそう。


今年の夏はふくれ菓子を買っている場合ではございません。
ぜひ風鈴の購入をご検討ください。




…やっぱり少しだけふくれ菓子も食べてくださいませ。










小事、小言でございますが・・・。
最近私は思うわけでございます。世の中便利になりすぎてはいないかと。やれAIだの、やれ自動化だの。

もちろん色々なお困りごとが解決するのは素晴らしいことではございますが、あまりにも便利なことばかりな世の中になってしまうと「考える力」が衰えていってしまうのではないか。私はそこを心配して止まないのです。
真っ直ぐに汚い言葉を使わせていただきますと、世の中馬鹿がいっぱいになるのではないか。そう危惧しているわけでございます。色々な問題に直面して、そのたびに考えて壁を乗り越える。これが成長というものではございませんか。

先日、私仕事の用事がございまして、店を構えさせていただきます鹿児島から熊本へ行かせていただきました。移動手段は車。鹿児島から目的地熊本までは、高速道路を使わせていただいておよそ3時間の距離にございます。
人と会う約束をしていた為、約束時間に間に合うように店での仕事をバタバタと済ませ休憩を取らずに車にIN。疲れもあってか少し眠気がさしていた為、アイスコーヒーでもいただこうかと途中コンビニに寄らせていただきました。
当たり前にはなりましたが、今時の車の鍵にはボタンがついており、わざわざドアに鍵を挿さずともボタンを押せばロックの解除が出来る仕様となっております。

こういう小さな便利さが積み重なって「考える力」が衰えるのだ。

なんてことを考えながら、コンビニに駐車した私は鍵についたボタンで施錠。
そして涼しげな顔でコンビニに入店させていただいたのです。

私事すぎて大変恐縮ではございますが、私コンビニにある、氷が入ったカップを買ってセルフでコーヒーを作るタイプのアイスコーヒーが大好きでございます。最近はボトルコーヒーも美味しくはなりましたが、何というのでしょうか、リッチな気分にさせてくれるのはあのタイプだけなのです。
透明なカップから覗くコーヒーと氷たち。そのカップに吸い寄せられた水滴。好きな音楽を聴きながらストローで一口飲めばそこはバカンス。中居くんが音程をズラしながら「バカンスって言葉の半分はバカんバカんバカん♪」と歌いはじめそうです。もしかしたらこのコーヒーが好きな理由は中居くんのおかげだったのかもしれません。

そして中居くんコーヒーを私は迷わず購入。
慣れた手つきで機械からアイスコーヒーを注ぎ、コンビニから出るため店の自動ドアへ向かいます。
そしておもむろにポケットから「車の鍵」
を取り出し、「コンビニの自動ドア」へ向かって開閉ボタンを押す私。

開かないドア。

さらに歩いて近づきながら自動ドアへ向かって車の鍵のボタンを押す私。

開かないドア。

そして自動ドアの近くに来たとき、勝手に自動ドアはオープン。

澄ました顔でコンビニを出る私。







今年もまるはちで馬鹿が大きく実りました。










6月のごあいさつ

6月、梅雨を迎える季節となりました。お元気にてお過ごしでしょうか。
私存じ上げておりませんでしたが、6月16日は「和菓子の日」なんだそうです。
小耳に挟んだところ歴史は古く、西暦848年に当時の天皇が疫病をはらい、健康でいられるようにと1と6の数にちなんだ菓子などを神前にお供えしたのが始まりらしく、その後もその風習は引き継がれ1980年頃「和菓子の日」として制定されたのだとか。
現在では1と6を足した7にちなんだ商品を売り出している和菓子屋もあるようでございます。

私どもの店は「まるはち(08)」でございます。


7かぁ・・・。

7かぁ・・・。












小事、小言でございますが・・・。
私、恐怖という感情は無知や不慣れから発生するものなのかなと考えている所存でございます。
ここで申し上げます無知とは知らない世界であったり、遭遇するとは思ってもみなかったことが起こったり。
死後の世界がもしファミリーレストランと決定しているのであれば、ドリンクバーの割引チケットを抱いて、安らかに逝かせていただきますし、お化け屋敷に入る前にびっくりオバケ出没ポイントがわかっていれば(可能であれば出てくるオバケのプロフィールまであれば幸いでございます)出てきた時に挨拶なんかできる余裕が生まれるわけでございます。
色々種類はございましょうが、予想出来ればあまり恐怖は感じないのではないか。そう申し上げているわけでございます。

先日、スタッフの後谷さん(仮名)と休憩が重なり他愛もない話をさせていただいていたときの事です。
私よく今日の夜ご飯の話をスタッフさんに振るのが好きな性分。
今日の夜ご飯何にするのか、だったり昨日は何食べたのかよく質問させていただきます。
そうするとスタッフさん達は
(またこの質問かよ。いつも同じような私生活への質問。もしかしたらストーカー気質なんじゃ?)
という気持ちを隠し持ったような笑顔でいつも答えてくれるのです。優しいスタッフさん達でございます。
私にとって夜ご飯というのは一日のお疲れ会のようなものであり、幸せの時間。スタッフさん達の夜ご飯を聞いて、いいなぁー美味しそうだなぁと思い巡らすことが好きなのです。

そんな私に捕まった後谷さんは夜ご飯について質問されることはおそらく既に覚悟していたことでしょう。
その日は春爛漫も過ぎ、若干暑さを感じる日でございました。

私「今日の夜ご飯何にする予定ですか?少し暑いし夏っぽい食べ物とかいいですよね。」
後谷「そうねー素麺とか?」
私「でも、まだ夏!ってわけでもないから間をとって蕎麦とかどうですか。」
後谷「でもアタシ蕎麦食べたこと無いからやっぱり素麺がいいなぁ。」

…ん?
私は違和感を覚えました。
なんか変だ。…やっぱりおかしい。

後から思い起こせば、この時点で異様な空気感に包み込まれ始めていたのです。


いや、ありえない。蕎麦を素通りして日本で生きていくことなんて出来ない。今の時代どのコンビニにも蕎麦はあるし、年越蕎麦だって未だ根強い人気を誇る文化のはず。それらを掻い潜って生きてこれたというのか、このお方は。

食わず嫌い?いや、食わず嫌いは通常見た目が苦手で。とかそのような理由がある食べ物に通用する。
蕎麦のどこに食わず嫌いが通用しようか。わかった!蕎麦アレルギー!!これだ。これしかない。
簡単なことじゃ無いか!

突如現れた異質な回答に、私は必死で安らぎを求める為に理由を考えだしたのでございます。
独断偏見ではございますが私にとって蕎麦を食べたことない日本人はアレルギー以外考えられないからです。

私「あ、後谷さんもしかして蕎麦アレルギー!?」
後谷「違うよ」


ドッバーーーーーン!!!!
私の安定を求める為に用意した質問がいとも簡単に敗れ去ってしまったのです。鉄の盾と信じて疑わなかったモノが、まさか濡れティッシュだなんて。

理解の及ばない回答に「私の中の私」は恐怖に怯え膝を抱きながら座り、こう呟きます。
「…ゲテ。…逃ゲテ。」

しかしその言葉は私には届きません。
よくホラー映画などで最初の犠牲者が「いや、その扉開けたらダメだって!絶対何か居るって!」という雰囲気の扉をゆっくり開ける、あの状況でございます。



「…ゲテ。逃ゲテ。」


私「あの、、後谷さん、ひとつ聞いていいですか?」
後谷「いいよ。」


「…サレル。…殺サレル。」


私「蕎麦ってどんな味だと思います?」







後谷「んー…ピーマン。」








こうして「私の中の私」はピーマン蕎麦によって息を引き取りました。



次にピーマン蕎麦の扉を開けるのは…あなたかもしれません……。








5月のごあいさつ

三寒四温を乗り越え、今年も5月を迎えることができました。いかがお過ごしでしたか。
この時期の鳥といえばウグイス。緑の羽をたずさえ、ホーホケキョと可愛らしく鳴く鳥。
小耳に挟んだ話ですと、ホーホケキョには上手い下手があるらしく幼い頃には鳴き方を練習するんだとか。
と偉そうな顔で申し上げましたが、調べてみるとウグイス、全く持って緑の羽をたずさえておりませんでした。ウグイスほぼ灰色でございます。
なんで?ウグイスといえば緑って言ったじゃないかお母さん。
ちなみにこの季節の緑色の野鳥はメジロでございます。
この感覚は、私の友人がいい歳した中年おじさんにして、全てのドアと窓をドアと呼ぶことに近いものがあるのではないか。そう考えさせていただきたいところでございます。














小事、小言でございますが・・・。
4月のことでございます。桜が満開となり春真っ盛り。私は1歳になる娘に人間の花見なるものを教えてあげようと妻と共に、桜で名所のとある大きな公園に行った時のことでございます。
暖かい風に鳥たちはさえずり、つくしは土からこんにちは。マスク越しにわかる来園された方々の微笑み。特に意味はわかっておりませんが、やっぱり春はあけぼのだなぁと五感で感じる素晴らしい陽気でございました。
着いたらさっそく桜咲き乱れる中サンドウィッチを家族で頬張り、公園の遊具で娘とひとしきり遊ばさせていただきました。春はあけぼの効果でしょうか。普段よりも一層サンドウィッチは美味しく、一層娘との遊びを楽しく感じたのは。
心地よい季節と言いましても、やはり子供相手に遊ぶと暑いと感じてくるわけでございます。若干の汗を滲ませながら園内を歩いていると、まぁそれはそれは、丁度良い位置に17アイスの自動販売機が設置されていたのです。ここに17アイスを設置したのはおそらく相当な敏腕社員。近くにはベンチもあり、既に敏腕社員の罠にハマった子供連れのお父さんもそこでまんまと17アイスを美味しそうに食べていらっしゃったのです。もちろん私も類に漏れず、気づけば17アイスの前に娘と立っていました。
自動販売機という存在を知らずただ立ち尽くす娘を横目に、さてどれを買おうか。とウキウキの私。
ベンチに座る後ろのご家族はモナカ系のアイスをチョイス。手が汚れないモナカ系はグッドセンス。
優柔不断な私がアイス選びに迷っていると妻がやってまいりました。
妻「何味買うの?」
私「ね。今迷ってるところ。」
小銭を投入し光るボタン達。
妻「グレープ一択でしょ。」
私「子供の頃は絶対チョコチップだったなぁ。」
と、その時、無言で1番低いところのボタンを押す娘。ガタンと音を立て、取り出し口に姿を表したのはモナカ系のアイス。
妻「えーー!!!モナカーー!!」
私「あらら、ボタン押しちゃっ・・」
妻「無いわーー!!モナカとか無いわー!!」
私「あ、そ、そうだね(ちょ、ちょっと待って後ろのご家族モナカ系だから)」
後ろのモナカ系家族に気づかず大声で笑いながら続ける妻。
妻「モナカとか1番センス無いわーー」
私「・・・たまにはモナカも美味しいよ?(もうやめてえぇ!!誰か!妻を黙らせてくれぇえ!)」
心なしか、寂しそうにモナカを持つご家族。
妻「そのモナカ買う人少なすぎて、おととしのじゃない?ケタケタケタ)
私「・・・あっちで食べようか。(おぉ神よ。いっそのこと私めをこの場から抹殺してください。)」




今年の春の17アイスはなんだか味がしませんでした。

4月のごあいさつ


4月も迎え暖かい季節となりました。
コロナ禍が終われば、またお花見をしながら友人たちと
くだらない話でもして、お酒を飲みたい気持ちは
ご一緒の事かと存じます。
そういえば「くだらない」の語源をご存知でしょうか。
そもそも「くだらない」とは価値の無い・無意義なという意味でございますが
むかし、地方より江戸へ納める物の流れを「下る」と言っていたそうです。
もちろん天下の江戸へ送れる、下るのは良い品物だけ。粗悪な品物なんて到底送れない、くだらない訳でございます。
それが「くだらない」の語源とお聞きしております。
青くさい言葉で恐縮でございますが
世の中にはくだらないものなんて絶対無い。そう思いたい今日この頃です。








小事、小言でございますが・・・。

私の出社は朝が早く、冬にもなればまだ日は登っておらず
暗い道を一人ゆっくり歩くのが冬の常でございます。

2、3年前の事でしょうか。
その日は前日の夜に雨が降っており、路面は濡れていてより寒さを感じる出社道でございました。
寂しく一人歩いていると、前方に何やら白いものが横たわっていたのです。
感の良い私はすぐに気づきました。あれは猫の亡骸だと。大きさ、横たわっている場所。
おそらく車にはねられた白猫が歩道で力尽きてしまったのでしょう。
昔姉より猫の死体と目が合うと乗り憑るんだよと聞かされた私は、もうそれはそれは、平常心など保っていれるはずがありません。
怖いなぁ怖いなぁ、やだなぁやだなぁ・・・。
歩く速度と鼓動は無意識に早くなり、寒いはずの出社道で手にはじんわり汗を感じます。
こちらが歩いているはずなのに、まるであちらが向かってくるような。
そんな錯覚さえ感じるほどに、怖がりの私はもう恐怖心でいっぱいです。
丁度猫の亡骸を通り過ぎようとした時のことでしょうか、見ないと決めていたのに何かに吸い込まれるように、ふと目が勝手にそちらへ移ってしまったのです。




濡れた白いブリーフ(大きめ)が落ちてました。



この話、今すぐ江戸への出荷を停止させていただきますようお願い申し上げます。




3月のごあいさつ




今年も3月3日ひな祭り、桃の節句がやって参りました。

そもそも節句とは縁起の悪い日で

その邪気を取り払う為に儀式を行なったのが事の始まりとのことです。

つまりは縁起の悪さを無くすことが、お祝いごとへ転じたということなのでしょうか。

・・・どなたか「ふくれ菓子で邪気を払えた!」という前例をお作りいただけないでしょうか。











小事、小言でございますが・・・。

先日、「1番好きな中華料理は何か」と、スタッフさんと話していた時のことです。

私自身あまり中華料理というものに精通してはおりませんが、

中華料理と聞くとたくさんの種類が思い当たります。

エビチリ

麻婆豆腐

餃子

バンバンジー

小籠包

酢豚

春巻き

北京ダック

炒飯。。。。

中国が築き上げた、深い歴史と広大な国土。

なるほど、料理の種類の多さや認知度にもそれが表れているのでしょう。

そんな中華料理に対して、1番は何かと質問させていただくには

少し酷な気も致しましたが、恐れを捨てて尋ねさせていただきました。

私「後谷さん、1番好きな中華料理はなんですか。」

後谷(仮名)「ごま団子。」





・・・はい?

ありえない事態でございます。

前述にもございます通り、深い歴史と広大な国土が生み出した

そうそうたる顔ぶれ。夏の甲子園準決勝のような、どこが優勝しても

おかしくない。そんな緊張感さえ感じる猛者達の中から、、ごま団子。

なぜ地方大会2回戦で敗れたチームがこの場所に。

ごま団子を野球部に例えたら、顧問の先生はせいぜい元ソフトテニス部(数学担当)でした。

ぐらいのものではないでしょうか。

人の好みはそれぞれ。を痛感した次第でございます。

最後に申し上げますと

後谷さん含め、ごま団子愛好家とごま団子職人の方々に心よりお詫び申し上げます。

2月のごあいさつ



2022年、早くも一月が過ぎました。いかがお過ごしでしたか。

2月の和風月名「如月(きさらぎ)」の由来は衣更着(きさらぎ)。

まだ寒さが残っていて、更に着込むに由来すると耳に致しました。

寒さ残る月ではございますが

御身体には十分にお気をつけていただき、一日に玄米四合と

味噌と少しのふくれ菓子をお食べになっていただければ幸いです。







小事、小言でございますが・・・。

新年を迎え、今年の抱負を拝察させていただいていたところ、

当店のスタッフさん達はどのような抱負を考えているのだろうか

と気になり、新年早々に色々なスタッフさん達に訪ねてみて回ったのです。

きっと皆さん、素晴らしく有意義な抱負を抱いているに違いない。

そう、私は確信をしておりました。

私「佐々木さん(仮名)、今年の抱負は何ですか。」

佐々木「腹8分目。」

私「前山さん(仮名)、今年の抱負は何ですか。」

前山「その日暮らし。」




今年の当店はその日暮らしで営業して参ります。

ちなみに私の抱負は「腹筋」でございます。

新年のごあいさつ



新年あけましておめでとうございます。

今年も一窯一窯、丹精込めて菓子を作ってまいりますので

どうぞよろしくお願い申し上げます。













小事、小言でございますが…。


先日、1歳になる私の娘と公園に行ったときのことです。

娘と共に遊んでいると、ご婦人が通りかかりました。

ご婦人、私の親ぐらいの御年齢でしょうか。

最近覚えた「バイバイ」なる動作をそのご婦人に向けた娘。

ご婦人は笑顔で、その拙い「バイバイ」に手をお振りになられたので

親の私として何か言わねばという思いに駆られ

「すみません。」

と感謝の意を込め申し上げました。

するとご婦人

「いいえ、癒されたわー。ありがとう。」

とおっしゃったのです。

そのご返事にまたも、なにか言わねばと思い私は

「こちらこそ。」

と申したのです。するとご婦人は何とも言い難い表情をされ

去って行かれたです。

怒っているような、恥ずかしんでいるような…。

その何とも言えない表情を見て12秒ほどで気づきました。

私はご婦人の「ありがとう」に対し「こちらこそ」と申したつもりが

ご婦人は「癒されたわ」に「こちらこそ」が返ってきたとご判断されたのではないかと。

ご婦人に癒された、子連れおじさんの図。でございます。



一足先にタンポポが咲きました。